So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

唐揚げ丼、二つ。 [古河ランチ]

古河通いです。
週末、乗馬日和が続いています。
私は娘が乗馬している間、冬で晴天なら「いちの湯」の朝風呂利用(会員520円)で露天風呂へGoです。雨なら図書館ですが。
そして、高騰している野菜を古河で調達。古河でも高いけどね。でも「古河のJA直売所でこの値段か」と諦めがつきます。

さて、古河ランチ。
娘「蕎麦カフェほどほど」を指定。唐揚げ丼が食べたいってことだね?
IMGA0122.JPG
私も唐揚げ丼にしました。わーい。
ここのボリュームだと娘は一人で食べきれるし。
味がわかってるから(←美味しい。崩し温玉最高!)「ちょっとちょうだい」言われても一口もあげたくないしね。お互いにね。

IMGA0124.JPG
食後に美味しいコーヒー。のんびりしました。
たまたま、ガラス越しの目の前の樹木にモズが飛んできてしばらくとまっていました。暖かな室内でのバードウォッチングでした。
ここに鳥の餌台を設置してくれたらいいのになぁ。



nice!(0)  コメント(0) 

冬の博物館で野鳥を探そう [おでかけ]

久しぶりに娘と茨城県自然博物館へ行ってきました。
約1年半ぶりかなぁ。土日の活動がポニークラブへ重心を移して以来、訪れる機会が減ったのでした。
「冬の博物館で野鳥を探そう」というイベントに参加。
そうそう、2年前にも同じイベントに参加し「もっと白鳥が見たい」ということになって、急きょ新潟旅行を企画・決行したのでした・・・
まずはスタディールームでレクチャーを受けます。
IMGA0120.JPG
※剥製(シジュウカラ・メジロ・エナガ・コゲラなど)

IMGA0116.JPG
※剥製(オオタカ)

IMGA0117.JPG
※剥製(コハクチョウ)

いざ、野外へ出陣!
子供たちと保護者、それぞれ別グループに分かれてバードウォッチングです。
IMGA0121.JPG

この日、ルリビタキを見ることができました。初めて見た!
「メスか、若いオスですね」と解説員の方、さすがの解説。ほぉ~。
菅生沼にコハクチョウが10羽以上来ていました。
あと、シメとメジロがたくさんいました。
アカゲラ、見てみたかったな・・・

娘のグループはルリビタキは見れなかった、とのことで「いいな~」とうらやましがられました。
娘はくやしがり、昼食後もねばって自主バードウォッチングして探してみましたが、会えず。タイミングがすべて。まぁ、そんなもんよ。

毎月第二土曜日の10時から、自由参加の野鳥の観察会をしています、とのこと。
解説員の方と一緒に回ると、神業のように次から次へと鳥を見つけ、鳥の生態など詳しく教えて頂けるので、100倍楽しいのです。
参加してみたい!


nice!(0)  コメント(0) 

フードファイトだ [古河ランチ]

古河です。娘のポニークラブ。今年の初乗りでした。
さて、今年第一回目の古河ランチ。どこにする?
娘「朝がパンだったから、ご飯もの」
おお、ご飯ものとくれば、ほぼ「三軒家」一択。
そして土曜だから向かいのヤマムロミートサービスにも寄るよ!

娘「ヒレカツソース丼」
IMGA0112.JPG

私「あじフライ定食」にしてみた。
IMGA0111.JPG

このあじフライ、手のひら大。
キャベツが山盛り。さっき、スーパーでキャベツ一個350円ていうべらぼうな値段を見てきたばかりなので、ありがたさが沁みます。すごい量だけど、あじフライもキャベツも、そして白米も美味しい。
娘、ヒレカツソース丼を途中でギブ。娘の残りを「ちょっと味見させて」(←食べたことあるから味知ってるくせに)と手をつけたら、あら、美味しい、美味しい、とついつい箸が進み・・・

途中、なんだかよくわからないけど「もういいや」と何かがふっきれてしまい、ギャル曽根ちゃんになったつもりでフードファイトしました。美味しかった~。
やばいな。お正月明け、一体いつからダイエットが始まるのだ?

カウンター席で隣に座った常連さんらしきおっちゃん。「ドレッシングくれる?」とお店のお姉さんに囁くと、胡麻ドレが出てくることを今回学習しました。おっちゃんが使った後、隣から「私も」と使わせてもらいました。この店、デフォルトではドレッシングは供されません。これは収穫でした。


nice!(0)  コメント(0) 

戌年です [いろいろ]

明けましておめでとうございます。
今年もつつがなく、気楽にブログを綴れるような一年でありますように。
IMGA0110.JPG
春日部、藤塚香取神社にて。




nice!(0)  コメント(0) 

自家製ビーフジャーキー [いろいろ]

先日、友人宅で行われたクリスマスパーティーに楽しく参加。
持参した自家製ビーフジャーキー(2ndシーズン)がありがたくも好評でした。
「作り方を教えて!」と言われたので口頭で伝授しましたが、みんな酔っぱらいで私も酔っぱらいで「とにかく適当で大丈夫、やってみて」みたいな雑なかんじになっちゃって、結局「ブログに載せとくから後で見て」と言ったような気がするので、この記事です。

オージービーフのももブロック肉を買ってきます。
よくあるローストビーフ用っぽいやつね。
100g198円ぐらいでしょうか。「広告の品!」だと178円ぐらいでしょうか。
うちの近隣のスーパーだと、ベルクにいつもいいのがあります。
過去記事→こちらをご参考に、肉を干すスペースから逆算した量を購入することを勧めます。

肉を買うついでに、スパイスコーナーに寄ってお好みのスパイスシーズニングを選びます。「ビーフジャーキー用」っていうのはほぼほぼないと思うので「ステーキ用」とかそういうの。ハーブソルトとかクレイジーソルトとかもいいです。シンプルに塩こしょうのみ、ってのもアリです。けっこうたっぷりと使います。余れば次回に使えばいいので、大容量のを買おう。
焼肉のタレとか、にんにくしょうゆとか、液体で肉に味をつけてもOKです。ちなみに、先日のパーティーに持参したジャーキーは焼肉のタレとスパイスシーズニングのダブル使いだよ。
あとは、キッチンペーパーをたくさん使うので、在庫が少ないようなら、買って帰りましょう。

買ってきたお肉は5mm厚さにスライスします。5mmってやってみるとそんなに薄くないから大丈夫。切ったら、スパイスシーズニングなり焼肉のタレなり、お好みの味付けをしっかりまぶし、もみ込みます。ジップロックの袋とか使うといいかな。
味付けは、かなり濃いめで大丈夫。薄味のジャーキーじゃイヤでしょ。犬じゃあるまいし。味付けが薄過ぎて万が一お肉が傷んだりするのもイヤでしょ。ジャーキーに「味が薄くて失敗」はあっても「味が濃すぎて失敗」はないと思います。

ここいらでちょいと焼いて食べたくなっちゃうけど、がまんね!
味付けがシーズニングのみの場合は、干す作業へGo。
味付けが液体の調味料の場合は、冷蔵庫で一晩ねかせます。
取り出して、スライス一枚ずつ、キッチンペーパーにはさんでしっかり水分を取ります。

あとは、干してカラカラに乾けば完成!なのですが・・・
「生のお肉を加熱しないで食べるなんてなんだか心配」って人もいるのじゃないかと思います。私は家族で自家消費する分は全然抵抗なくてへっちゃらなんだけど、ホラ、人様に差し上げたりする際は、お腹の弱い人もいるし、子供とか年配の方とか、衛生面で万が一のことがあったら大変じゃない?なので、この前持って行ったジャーキーは、干す前に、しっかり水分を取ったお肉を160°(低温)のオーブンで10分程度焼いて火を通してから干しました。焼くと少し肉汁と油が出るので、冷ました後、再度キッチンペーパーでおさえてから干します。
出来上がりは、生肉を干した場合と、焼いてから干した場合と、味も見た目もほとんど変わらない。ただ、オーブンで焼いた際に出てしまう肉汁と油のぶん、ジャーキーに残る「うまみ」みたいなものが減ってしまうような気がするけどね。何となく。あと、オーブンで焼いて火が通った状態を前に、食べるのをがまんしながらの一工程あるのがツラい。

二~三日干せば、カラカラに乾いて出来上がり。
カラス・猫・ゴキブリ、そして強風突風から、お肉を守り通してください。
乾燥後の保存は冷蔵庫で。
季節的に、空気の乾燥する冬限定です。
この冬、素敵なジャーキーライフをぜひ!





nice!(0)  コメント(0) 

ヌー隊活動記録 [いろいろ]

娘の通う小学校のすぐ隣を流れる川の土手に、タヌキがいました。
IMGA0093.JPG

けっこう近づいても逃げなかった。カメラ目線。
IMGA0092.JPG

娘によると、このタヌキ、小学校の体育館辺りに住み着いているらしく、よく子供達に目撃されているとのこと。北本自然観察公園であんなに探し回って会えなかったのに、小学校に居るとは。なんたる灯台下暗し。

この日、本来の目的はヌートリア。→こちら(Wiki)
娘が友達と「ヌートリア捜索隊」(略して「ヌー隊」)を結成しており、「お母さんもヌー隊の隊員だから」とのこと。なんでだ。ヌートリアもちゃんといました。

タヌキは、固有種。
ヌートリアは、特定外来生物。
今後、お互いの生息環境はどう変化してくのでしょうか。
引き続き、ヌー隊として、見守っていきたいと思います。



nice!(0)  コメント(0) 

売ってた [いろいろ]

「カステラパん」が、売っていました。
買いました。→過去記事はこちら
IMGA0098.JPG

IMGA0100.JPG

商品名は「カステラサンド」でした。
いや、娘がさらさらっと描いたイラストの再現力に脱帽です。
娘による検分の結果「給食に出るのと完全に同一」とのことです。
どうやら、学校給食に卸しているパン屋さんがマミーマートにも販路を持っているよう。

今回の購入により、原材料の表示から、赤い層は「いちごジャム」ではなく着色された「りんごジャム」であることが判明。
まあまあ、美味しかったです。



nice!(0)  コメント(0) 

キャンドル作り講習会 [おでかけ]

娘と「キャンドル作り講習会」に参加。
こんなのを作ります。
IMGA0076.JPG

なお、参加前に昼食。
会場である栗橋文化会館イリス向かいの蕎麦屋「さとかた」さんへ。申し込み時以来の二度目の来訪。
娘「月見うどん」私「かけ蕎麦とさより天丼のセット」を食べたのですが、美味しすぎて、前のめりすぎて、写真はありません。悪しからず。
とっても美味しいお蕎麦屋さんです。(娘はうどんだが)

さて、満腹すぎてやや眠気に襲われつつ、講習スタート。
色見本を参考にしながら、顔料1~3色を選びます。娘にお任せ。
IMGA0071.JPG

小鍋で溶かされた「ろう」がスタンバイ。
IMGA0072.JPG

バットに流して、顔料を散らし、手早くマーブル模様に。きれい!
IMGA0070.JPG

ある程度固まったら、ツリーの型で型抜き。
IMGA0073.JPG

IMGA0078.JPG

氷水で冷やしてしっかり固まったら、はずします。
IMGA0079.JPG

包丁で半分に。(ここのみ私担当)
IMGA0080.JPG

芯をはさみこんで
IMGA0081.JPG

仕上げ用の「ろう」にディップしてコーティング。
IMGA0083.JPG

IMGA0084.JPG

ナチュラルな雰囲気の麻ひもにくくりつけて、完成!
IMGA0087.JPG

てなかんじで、丸2時間、ほぼほぼ娘が一人で作成しました。
並行して、他の参加者の方の作品作りもチラチラ見させて頂き。
全く違う色のチョイス、意外な色の組み合わせ、偶然が生むマーブル模様の美しさ。似ているものは作れても、同じものは絶対に作れないのです。面白いなぁ。






nice!(0)  コメント(0) 

伊右衛門お茶づくり体験 [おでかけ]

「伊右衛門・親子でたったひとつのお茶づくり体験」というイベントに娘と参加してきました。
おっとその前に、せっかく大宮まで来たんだから「乃が美」で食パンを買うよ!
IMGA0043.JPG
おい、なんか田舎者だな・・・

まずは、伊右衛門のお茶についてサントリー&福寿園の方がレクチャー。
IMGA0047.JPG

深蒸し茶・ほうじ茶・抹茶・玉露・煎茶。
5種類の淹れ方を教えて頂き、実際に子供たちが自分で淹れて、試飲します。
IMGA0051.JPG
「最後の一滴」の大切さを学びました。知らなかった~。

味を確かめた後は、オリジナルブレンドのお茶を作ります。
IMGA0052.JPG

娘のブレンドシート。
IMGA0060.JPG

最終的に決めたブレンドで配合したお茶を、その場で作ってパウチしてもらい、茶筒に詰めてお土産に。トートバッグやお菓子も頂き、至れり尽くせりのイベントは終了。
娘「楽しかった!またこれやりたい!」と大満足。
しかし、また参加する機会はかなり難しいと思うので(抽選だし)、これを機に家で急須でお茶を淹れる習慣を復活させ、ぜひ、娘にお茶淹れ担当になって頂こうではないか。


nice!(0)  コメント(0) 

親子お料理教室 [いろいろ]

公民館で「イタリアの家庭料理」の親子料理教室があり、娘と参加しました。
・トマトクリームソースのニョッキ
・ふわっふわ卵スープ
・ベリームース
を作ります。
3品も・・・。しかもデザートか。若干不安でしたが、娘のやる気十分。
トマトソースを作り。
IMGA0007.JPG

生クリームを泡立て。
IMGA0005.JPG

ニョッキも娘主導で上手にできあがり。
お母さんは、主に洗い物係でした。チェッ。

すごーい。
トマトクリームソース万歳!
IMGA0014.JPG

卵スープは、最初に鶏ひき肉をお水の中に入れてほぐしちゃってから火にかけ、ぐつぐつ沸騰したら溶き卵にパン粉と粉チーズを混ぜたものをどぼんと入れてホイッパーで混ぜ(←ふわふわになる!)、塩こしょうで味付け。驚きの作り方でしたが、美味しくてビックリ。
これまで慎重に溶き卵をとろとろーっと細く流し入れていたかきたま汁は、一体なんだったのだ。
絶対家でもやってみる。

お料理教室に行くと、料理の作り方って、知らず知らずのうちに「こうしなくては」っていう思い込みに縛られていることに気づきます。
ベーコンは炒める、とか。
「これでいいのか!」と目からウロコなことや発見が必ずあります。
いつの間にやらベテラン主婦の域に達しつつある私でも、新鮮で楽しいです。



nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -