So-net無料ブログ作成

2階建になりました [我が家の生き物の皆さん]

ザリガニの飼育水槽AB、ともに2階建に増築です。
IMGA0670.JPG
ザリガニが増えたわけではなく・・・

水槽Aの2階の住人はクワガタムシのメス「ショコラちゃん」。
もぐってて見えないいけど。
IMGA0666.JPG
夏休み、中禅寺湖のホテルに宿泊した際、
ホテルの廊下でモゾモゾしていたので、拾って帰ってきました。

水槽Bの2階の住人はカブトムシのオス「信玄君」。
バスツアー「山梨わんぱく大冒険」で娘がもらってきました。
IMGA0669.JPG

IMGA0671.JPG
メスとペアだったけど、メスは死んでしまい、独り身です。

クワガタのメスと、カブトのオス・・・。
うーん、うまくいかないものです。


そしてザリガニたち。元気です。
日光の湯ノ湖でわざわざ拾ってきた流木を入れてやりました。
順調に脱皮を繰り返して成長するにつれ、どうやらオスと思っていたものがメスで
メスと思っていたものがオスだったらしく・・・

リー君と太郎君は、実はメスでした。めんどうなので名前はそのままです。
IMGA0663.JPG
うっかり水替えの時にどっちがどっちがわからなくならないよう、名札を。

そしてチョコちゃんは、実はオスでした。
なんてこった。
IMGA0664.JPG
チョコちゃんは脱皮したら一気に1.5倍ぐらいに大きくなって
しかもオスだった、という・・・。
今や貫禄すら漂わせ、水槽Aで一人悠然とひげをくゆらせています。

ザリガニって、なんだか、脱皮すると「古い自分を脱ぎ捨てる」というか、
それまでのキャラ(←私の思い込み)を急変させる気がします。



土器作り教室(焼き) [子守りな土日]

内牧公園にて、土器作り教室の後編「焼き」が行われました。
1ヵ月前に作った土器を、縄文時代と同じ方法で焼きます。

土器を炭のそばに並べて、徐々に温度に慣らしていきます。
IMGA0642.JPG

窯とか、そういう設備がなくても、土器は焼けるのです。
縄文時代人の知恵ってすごいな、と思いました。
IMGA0649.JPG

娘が作成した土器。こんがりめに焼き上りました。
IMGA0657.JPG
この日、(急に降ってきた雨の中・・・)過酷なブルーベリー狩り体験もあり。
縄文時代にはブルーベリーはなかったかもしれませんが、
こんなかんじで木の実や草の実を盛り付けて食べていたのではないでしょうか。


こちら、私が作成。表と裏と模様を変えてみました。
IMGA0659.JPG

IMGA0660.JPG
現在、とりあえず、卓上で「個包装のせんべい入れ」になっています。

「土鈴(どれい)」です。
残念ながら、丸とハートは焼いてる間に割れちゃった。
猫ちゃんは無事でよかった。焼けたら、黒と茶のブチ猫になりました。
IMGA0661.JPG

勾玉も作りましたが、こちらは時間切れで未完成。
IMGA0662.JPG
箸置きになりそうな予感が・・・










凜々子さん収穫 [gardening&farming]

カゴメの凜々子さん。
もうそろそろ、いいかな?大丈夫かな?
IMGA0562.JPG

IMGA0561.JPG


よし、めでたく、収穫!
IMGA0565.JPG

加熱調理用の品種ということなので、トマトソースに。
まずは娘のリクエスト「ピザトースト」。
IMGA0532.JPG

凜々子さんの育て方パンフに載ってたレシピ「トマトごはん」が
簡単で美味しそうだったのでやってみました。
まるごとトマトをご飯と一緒に炊くだけ。塩とコンソメを少し。
どーん。
IMGA0582.JPG
わー、炊けた。
IMGA0583.JPG

トマトたっぷりの夏野菜カレーに添えて。ダブルトマトカレーになりました。
IMGA0584.JPG



パセリくん羽化 [我が家の生き物の皆さん]

アゲハチョウの幼虫「パセリくん」です。
IMGA0530.JPG
庭で雑草化しているイタリアンパセリにいたのを観察用に捕獲。
主食がまんま名前となりました。

翌々日、いきなりサナギに変身。早すぎる。
エサのパセリ、入れ替えたのはたったの1回。
IMGA0556.JPG

そして放置。9日ほど経過。外出先から娘と帰宅した午後!
虫かごの中で見事な姿となったパセリくんが羽ばたいていました。
IMGA0571.JPG
すごいな~、この変身ぶり。マジックみたい。
こんな立派な羽が、どうやってあの小さなサナギの中に折りたたまれていたのか
不思議で仕方ありません。

庭で虫かごのふたを開けて逃がしました。
パタパタと元気に羽ばたいて、青い空へと飛んでいきました。
娘は「恩返ししに来てくれるといいな~」と言っていますが、
庭にいたのを捕まえて閉じ込めてパセリ1回与えただけの人間に、
いかほどの恩を感じてくれているか・・・