So-net無料ブログ作成
検索選択
北本自然観察公園 ブログトップ

レストランあすなろ [北本自然観察公園]

月に一度の北本通いです。
昼食。「レストランあすなろ」へ。
IMGA0664.JPG
北本自然観察公園の隣に北里大学メディカルセンターっていう大きな医療機関があって、そこの一角にある中華主体のレストランです。

入るといきなり地場野菜が両サイドに並んでお出迎え、という。
IMGA0666.JPG
IMGA0665.JPG
泥つきのごぼうが2本で100円。
大根が1本100円。
今、スーパーで大根高いよね。
入店するや否や、大根とごぼう(あとトマトも)をつかんで会計
車に置きに舞い戻りました。

さて、お食事。
娘、牛肉細切り焼きそば
IMGA0646.JPG

私、海老かけごはん。
IMGA0647.JPG

伝わりますか、このすごい量・・・。
食べ始める前に、娘に「いい?絶対に食べきれないから、無理しないで。自分がいいと思う量を食べよう」と念入りにくぎを刺し。でも美味しいのよ。もっと食べたい・・・結果、超絶満腹限界に達するまで、じりじりと二人で食べましたが、やはり残しました。無念。
しかし、ここ、いいな!また来よう。

さて、キッズ生き物研究室。
写真撮ってきたよ。
オオアブノメ。こんな顔して絶滅危惧種。
IMGA0648.JPG
イチョウウキゴケ。これもレアな植物とのこと。
IMGA0649.JPG

両者の名前、覚えたよ。さすがに。
だって、この1か月、折に触れては娘から抜き打ちテストがあり。

娘「ハイ、あの絶滅危惧種の植物は?」
私「えっと・・・オオイヌノ・・・いやちがう、ウシノメ?あれ、何だっけ?」
娘「ハイ、ブーーー!オ・オ・ア・ブ・ノ・メ!もう一つの方は?」
私「イチョウ・・・コケ・・・コケクサ・・・」
娘「ブーーーー!イ・チョ・ウ・ウ・キ・ゴ・ケ!」

こんなやりとりが何度も何度も繰り返され、やっとこさ覚えました。

定例自然観察会に参加した後、ちょっと公園内を散歩。
暑くなってきたので、主に木陰の道を選択。
IMGA0667.JPG
IMGA0669.JPG
結構デンジャラスだったりします。
IMGA0668.JPG

IMGA0670.JPG
この外来動物は、今回のキッズ生き物研究室で使われたアメリカザリガニであると思われます。
今回は「実験・研究の仕方」について、かなり本格的なレクチャーを受けたもよう。
毎回、子どもたちの興味が収まらず、また、自然観察指導員の方々も熱心なので、
時間が押し気味です。いい体験になっていると思います。




大木うどん [北本自然観察公園]

なんか「北本ランチ」ってカテゴリー作ってよさそうですが・・・

北本で「大木うどん」ていう極太うどんを食べてきました。
いや、正確には北本市ではなく、お隣の桶川市だった。失礼。

メニューこんな感じ。シンプル
バターうどんが気になる。
IMGA0580.JPG

娘の肉うどん(太)。
IMGA0577.JPG

私のかけうどん(太)。
なにこの太さ。割り箸4、5本分の太さです。
IMGA0581.JPG

すいとんのような、ちくわぶのような、しかしどこかほうとうのような・・・
小麦粉の塊をかじり、汁をすする、という奇妙な繰り返し。
そして、すごい顎トレ効果。満腹感があっという間に押し寄せます。
正直、一度食べたらもう次はいいかな・・・

しかし、娘はずいぶん気に入ったようで「美味しい」を連発。
なんだか「またあの太いうどん食べたい」と言われての再訪がありそうな予感。
その時は、たぶん、私は(細)にすると思う。

「うどん粉の詩」が飾られていました。
地元の方に長年愛されてきた名物なんだろうな。
店内も賑わっていました。
IMGA0582.JPG
IMGA0583.JPG


さて、顎をカクカクいわせつつ、北本自然観察公園へ。
娘はキッズ生き物研究室。
今日は、カフェアトリエハウス」さんはお休み。
さて、どうやって時間を潰そうかな、公園内をお散歩しようか・・・
と思っていたら
ちょうど「定例自然観察会」が始まるところで、参加者募集の呼びかけ中。
こりゃいい、といそいそと参加です。
自然観察指導員の方と公園内をまわり、身近な生物や植物について解説が受けられます。こういうの大好き。

自然観察学習センターを出て、いきなりナナフシ発見。
見事な擬態ですが、こんなスジっぽい虫、天敵にとってもあまり喜ばしくない獲物なんだろうな・・・
IMGA0584.JPG
自然観察指導員の方の専門が昆虫、とのことで、
いろんな昆虫を次から次へ見つけ、解説して下さいました。
オトシブミ、初めて見ました。
昆虫は小さ過ぎて、うまく写真撮れず。

公園内に自生している桑。桑の実を特別に試食。
「キッズ生き物研究室がこの後来るから、見られないように急いで食べちゃいましょう」とのことで、大人たちモグモグ。
IMGA0592.JPG

ヘビイチゴとヤブヘビイチゴの違いを教わりました。
これはヤブヘビイチゴ。
IMGA0597.JPG

モグラの穴発見。
これは、掘った残土の排出口なんだそうです。
IMGA0595.JPG

その他、オオヨシキリを観察。カッコウの托卵についての解説を受けました。
充実の1時間でした。

学習センターへ戻ると、
これから「ヘビレクチャー」というのが始まる、というタイミング。
すぐさま参加です。
自然観察指導員の方のヘビ愛が強くて、素敵でした。
みんなからイヤがられているヘビを少しでも好きになって欲しい、と
熱血トークがさく裂です。
ヘビは本来とても臆病な生き物で、人間に見つからないように
ひっそりと暮らしているんだって。
北本自然観察公園では年に何回か来園者がマムシに咬まれる事故が
起こるけれど、ほぼ100%咬まれるのは中高年の男性。
「マムシ酒を作るために捕まえようとした」というよからぬ思惑を持って
人間がマムシに害を及ぼそうと接近した場合なのだそうです。
そんなに怖がらなくても、咬まれるなんてことは、まず無いと。

ヘビやカエルやいろいろな虫たち・・・
漠然として持っているイメージのもと、過剰に忌避したり怖がったりするのって、幼稚で無知で、恥ずかしいことなんだな、と自戒。

さて、キッズ生き物研究室。
先月子供たちが作ったビオトープに、絶滅危惧種の「オオアブノメ」という植物が生えた、と大いに盛り上がっていました。
見せてもらいましたが、知らなければただの雑草と思ってしまう植物。
「イチョウウキゴケ」というコケも生え、こちらも希少種なんだとか。
写真忘れた・・・
覚えてたら、来月撮ってくるよ。
でも、見た目、なんてことない地味な(ごめん)ただの草とコケだよ。

自然界は知らないことだらけ。
今日一日で、知らなかったことがたくさんわかりました。

まだ若干緊張の圏央道、幸手ICまで突っ走って帰宅。




アトリエハウス [北本自然観察公園]

娘が、埼玉県自然観察センターの「キッズ生きもの研究室」に当選。
大人気で毎年高倍率の抽選、と聞いていたので・・・よかったね。
10月まで、毎月1回、北本通いです。

そういうことなら!と腹をくくって、圏央道にトライしました。
免許取得時の高速教習以来、約20年ぶりの高速道路です。ドキドキ。
菖蒲白岡IC~桶川北本IC、約15分。
はやっ!みじかっ!もう着いた!
やっぱ高速だね~。

さて、子どもらが研究室で2時間の活動をする間
保護者は時間をつぶさねばなりません。
古河の乗馬で3時間半のフリータイムに慣れているから
2時間なんておかーさんは全然へっちゃらだよ。

よし、「どこにあるかがよくわからない」という、謎のカフェ
アトリエハウス」を探して出発だ!
北本自然観察公園は、敷地が広大すぎて、私有地が入り乱れています。
そんな関係上、このカフェは概念的には公園の敷地の中にあるのです。

あった・・・
IMGA0501.JPG

ここだよね。きっと。
IMGA0493.JPG

IMGA0494.JPG

IMGA0497.JPG

宿泊もできるらしい。
IMGA0498.JPG

IMGA0495.JPG

IMGA0499.JPG
意外にも、4、5台車が停まってて、店内も賑わってました。

予め、申し込んでおいた「季節の野菜セット」。
ケールの菜の花とか、カラフルさやえんどうとか、珍しい!
生産者の方から、調理法など直接教えてもらいました。
IMGA0500.JPG

ネットにあまり情報がないようですが、
ともかく、北本自然観察公園の「地蔵口」を目指すと、辿り着けます。
IMGA0502.JPG



野鳥天国 [北本自然観察公園]

娘と、北本市の「埼玉県自然学習センター」へ行ってきました。
IMGA0235.JPG

春日部からは車で1時間ちょいでした。
圏央道を使えばもっと早く着けるのかもだけど、
小心者の私は高速の運転が激しく不安なのです。
古河通いで慣れたから、4号バイパスは平気なのにね・・・

ここ、秋に、娘が小学校の校外学習で訪れました。
「すごく楽しかったからまた行きたい」との感想で
私も興味をそそられ、行ってみたいな、と思っていたのです。

「親子バードウォッチング教室」というイベントに参加。
IMGA0233.JPG
ここね、もう、野鳥だらけ。すごいよ。いっぱいいるよ。
公園に訪れている人は、ほぼ全員がバードウォッチャー。
100%に近い確率で皆さん双眼鏡や望遠レンズのついたカメラを所持。
迷彩服率も高かったし。

私&娘も、それなりに野鳥の識別はできるようになってきましたが、
専門家の方と一緒に歩いて詳しい生態などもレクチャーして頂けると
ただ野鳥を見つけるだけのバードウォッチングより
やはりずっと面白いのです。

キツネやタヌキも生息しているとのこと。
バードウォッチング中、イタチがいました。
そりゃいるだろう、と納得の、広大で豊かな自然環境でした。

娘は心ひそかにタヌキを見つけたい!と思っていたようで、
午後は、マップの「このあたりにタヌキがいました」という
目撃情報のポイントを目指して、かなり奥の方までがんばって歩きました。
でも、そうそう都合よく出没しないよね。
また次回。



北本自然観察公園 ブログトップ